最近、顔の肌が荒れてカサついて…なんだか小じわが増えてきたみたい!これって、乾燥肌ですよね!…それで、なんとかしたいんだけど、乾燥肌にはどんな化粧水がいいですか?

今、このような肌の乾燥でお悩みの方が増えています。そこで、悩みの改善に効果が実感でき、しかも、安全で安心して使用できるオススメの化粧水を調べてみました!

ランキング


乾燥肌…いやですね。特に、空気が乾燥する秋から冬なんか、ひどくなったりして…。

洗顔したあと、肌がつっぱったり、肌がカサカサする、白く粉をふいたりします。

そして、ニキビやひび割れができ、しわ、しみ、そばかすなどが現れ、肌荒れがおこります。

さらに肌の乾燥が進むとかゆみが出てきたり、肌に発疹や炎症が起こって湿疹に…。

これらはみんな、乾燥肌の症状ですね。

なぜ乾燥肌になるのか?…その原因を考えてみると…

肌は元々、潤いをキープし、肌を守る機能が備わっています。

では、なぜ乾燥肌になってしまうのか?…というと、いくつか原因が考えられます。

その中の1つに、間違ったスキンケアを行っていることがあげられます。

つまりスキンケアをしているつもりが、肌を乾燥させ肌にダメージを与えてしまっているのです。

例えば、毛穴が汚れているのが気になって肌をゴシゴシと擦って洗っていませんか?

そのゴシゴシと力を入れる事で、肌の角質層を傷つけてしまい、それが乾燥肌の原因になってしまっているかもしれません。

そして、乾燥肌になると毛穴が開いてしまうので、毛穴がブツブツになり、気になるのでゴシゴシと洗ってしまう悪循環に陥ってしまいます。

また、汚れや皮脂が落ちていない気がして、何度もクレンジングで洗顔するのもNGです。

汚れや皮質だけでなく、肌の潤いまで落ちてしまっています。

同様の理由で、洗顔後に顔をふく時に強く擦るのもダメです。

乾燥肌にならないように、スキンケアの際には優しく力を入れずにケアするようにこころがけましょう。

間違えたスキンケア…化粧水の場合

さらに、間違えたスキンケアの例として、化粧水をとりあげてみます。 どんな化粧水でも良いというわけではなく、ニキビ専用のタイプを使っていれば、製品によっては肌が乾燥しやすくなります。

アクネ菌に対して効果を発揮する肌荒れ改善タイプは、ニキビを改善するのが目的で、余計に乾燥肌を激しくするケースがあります。

間違えたスキンケアは、皮膚の保湿力を低下させていくため、ますます肌は乾燥が激しくなります。

化粧水は、保湿に特化したタイプを使って、お手入れをしていくことです。

化粧品を選ぶときには、配合されている成分にも注目しましょう。

肌が乾燥してしまうと肌のバリア機能が働かないので紫外線や化粧品の添加物などの刺激に耐えられずに、さらに肌にダメージが加わる結果になってしまいます。

間違っているスキンケアを正して、保湿力の高い化粧水を使用すれば、あなたの乾燥肌は改善するかもしれません。

ターンオーバーが乱れると、乾燥がすすみ肌が荒れてくる…内的な要因

また、乾燥肌の原因として、内的な要因…皮膚の内部の原因が挙げられます。

肌は、きちんとした新陳代謝(ターンオーバー)によって新しい細胞がつくられて入れ替わり、うるおいのあるきれいな肌を維持していきます。

しかし、いろいろな要因で、この肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れることによって、乾燥肌などのトラブルがおこります。

冬に乾燥肌が進むのは、気温の低下で空気中の水分が少なくなる上に、皮膚の毛細血管が縮むので血行が悪くなり、皮脂、セラミドや新しい細胞を作るための栄養が行き渡りにくくなって肌のバリア機能が低下するからです。

そして、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が遅れ、肌の乾燥が進みます。

また、精神的なストレスや睡眠不足、疲労なども、乾燥肌の原因に挙げられます。

血液の循環を悪くして、身体の免疫力を下げ、肌荒れを起します。

さらに、食事のバランスの乱れも原因となります。

偏食、無理なダイエットなどによって、皮膚に栄養素やビタミン、ミネラルなどが十分に摂取されないバランスを失った肌となり、乾燥の原因となります。

乾燥肌の改善に効果的な化粧品とは…?

皮膚は油分と水分がバランスよくまたされて、肌の表面に潤いをもたらします。

肌が乾燥すると、乾燥肌が悪くなるのみではなく、ターンオーバーも順調ではなくなります。結果的に、それらは肌の、シワやシミ、ニキビなどのトラブルにもつながることになります。

乾燥肌というのは、皮膚のバリア機能が健康的な状態ではなくなっています。

皮膚の内側に水分量が少なくなっていて、バリア機能が低下しているのです。

化粧品を使用して毎日スキンケアするのも、肌のコンディションを良くするためであり、バリア機能の強化のためでもあります。

乾燥肌を改善していくためには、保湿成分の高さが特徴の化粧品を使い、お肌のお手入れをしていくことが大切です。

つまり、肌への保湿成分を含んだ化粧品で、コツコツとスキンケアをしていくことが大切となります。

乾燥肌だからといって、むやみに多くの化粧品に手を出すのではなく、必要な保湿がしっかりできるタイプを丁寧に使うことです。

乾燥肌の改善のための化粧水選びの重要なポイントは…?

乾燥肌に必要なのは、水分と油分のバランスの良いスキンケアです。

乾燥肌タイプの化粧水を選ぶポイントとして、保湿目的で効果が高いもの…皮膚の水分維持するのに必要な、角質細胞脂質に効果的なタイプを選ぶことにあります。

高い保水力を特徴に持っているかどうか、水溶性保湿保湿成分を含んでいるかどうか…が、化粧水選びにも重要ポイントになってきます。

そして、角質層に水溶性である保湿成分を届けられるかどうか、という視点を持つことです。

そこで、化粧水に含まれる成分に注目する必要があります。

とにかく潤い重視で、保湿効果を特徴とするものをチョイスします。

代表的なものとしては、ヒアルロン酸やエラスチン、ビタミンC誘導体、コラーゲンや天然保湿因子などがあります。

化粧品の配合表示は、量が多い順番で記載されています。

ヒアルロン酸Naや、加水分解ヒアルロン酸とか、アセチルヒアルロン酸Naなどといった表示がされています。

皮膚に刺激となるものが含まれていないかどうかも、合わせてチェックしましょう。

特にヒアルロン酸配合の化粧水などは、おあすすめのひとつです。

保水力のレベルが高いのは、アセチルヒアルロン酸Naです。

また、乾燥した肌には、ビタミンC誘導体が力になってくれます。

普通のビタミンCよりも浸透が良いのが、ビタミンC誘導体です。

皮膚へ吸収されたら活性化ビタミンCに変わり、それがメラニンを作るのを防止します。

美白の作用も働きます。皮膚の内側では、コラーゲン合成に対しても促進させるので、肌への潤いアップにも大きく貢献してくれます。

乾燥肌を本気で改善していくためにも、良いサポートとなってくれます。

乾燥肌の化粧水を使うときの、おすすめの使用方法…

乾燥肌の化粧水を使うときの、おすすめの使用方法としては、顔を洗ったらすぐに保湿に入るということです。

とろみ感の特徴あるタイプもしっとりして気持ちいいですが、肌の内部がどれほど潤うかが肝心な部分です。

乾燥が激しくなると、肌のカサカサした感じも気になります。

肥厚している状態であれば、スペシャルケアも取り入れると良いです。

グリコール酸を配合した化粧水を利用して、肌を軽く拭き取るケアをします。

このケアにより、肌のターンオーバーを促進させることにもつながります。

毎日の肌のお手入れに使うのではなく、肌のカサカサした感じが気になる時にケアに入れるといいです。

どれを選んだらいいのかわからない…という方のために

大事なことは、貴方のお顔の乾燥肌の悩みを改善するためには、毎日の適切な肌の手入れ…適切なスキンケアが大切だということです。

乾燥肌の改善のための適切なスキンケアの一つとして、化粧水(ローション)の活用は、おおいに効果があると言われています。

なぜなら、適切な化粧水は、肌の保水と保湿のバランスをうまくとってくれるスキンケアだからです。

すでに述べたように、適切な化粧水を選ぶポイントは、肌に浸透しやすいこと、保湿成分を配合しているものであることです。

最近は、肌に優しいノンオイルや、コラーゲンを含んだ化粧水など、いろんな乾燥肌のための化粧水が開発・販売されています。

そこで、どれを選んだらいいのかわからない…という方のために、乾燥肌の改善に効果があり、安全で安心して使えるおすすめの化粧水を調べて、ランキングしてみました。

ランキング

20代のための化粧水  おすすめ  人気ランキング・リスト

乾燥肌を保湿するための化粧水の使い方

肌が乾燥して化粧のりが悪くなってしまったり、つっぱる感じがする人やカサカサしたり、小じわが増えている気がする人は乾燥肌対策をした方が良いです。

乾燥肌は、肌のバリア機能が低下している状態なので、水分や油分を保持することができず、皮膚も薄くなりがちです。

刺激を受けやすい状態なので、放っておくとさらに乾燥が進んだり、シワやシミの原因になったりしてしまいますので、早めのお手入れが肝心です。

お肌への水分補給がそのメインの役割である化粧水は、そのほとんどが水分でできており、肌に水分を与えることに特化した化粧品と考えると良いでしょう。


一方で、たっぷり付けているのに、肌への浸透が実感できないという人もいます。

また、ていねいにコットンパックしたり、重ね付けまでしているのに、肌に浸透する感じがしなかったり、しぼんだ肌にふっくら感が戻らない感じがする時には、付け方を見直すことが、浸透させることにつながる可能性があります。

汚れた肌や角質がたまった肌は、水分が浸透しにくいので、クレンジングと洗顔料を使って洗顔をしっかりとします。

ごしごしこすると、肌表面が荒れてしまい、乾燥肌が進んでしまうので、優しく洗うことがポイントです。

指の指紋でこすらないようにするイメージで、たっぷりのクレンジング剤や泡を使って洗いましょう。

洗顔後の肌を、乾いたタオルでこするのも、逆効果なので、タオルを肌にゆっくりと当てて、こすらずに水分を吸い取るようなイメージで、軽く水滴を拭きましょう。

化粧水を付けるときには、乾燥しやすい目元や口元から付けていきます。


次に頬にていねいにつけてから、おでこや鼻など比較的乾燥しにくい部分に進んで行きます。

コットンを使って、むらなく、ゆっくりと肌に水分を浸透させるイメージで押し込んでいくと効果的です。

乾燥肌に水分を一度にたくさん与えても浸透しにくいので、何回か重ねづけをして、少しずつ確実に水分を肌に押し込んでいくと良いでしょう。

保湿効果のある化粧水を使うと、しっとりした感じになりますが、時間がたつと乾いてきてしまうので、化粧水を使って保湿した後は、美容液や乳液、クリームなどを重ねて、水分を逃さないようにすることがポイントです。

■乾燥肌の化粧水@おすすめランキングについて…■

このサイトで紹介しているランキングは、サイト管理人である私たが、独自で調べた結果ですので、その辺りは、ご了承ください。


当サイトが、貴方の乾燥肌のための化粧水選びの参考になれば、これ以上の悦びはありません。


■ サイト・コンテンツ ■

ページの先頭へ